tosantomaruのブログ

ベーチェット病の夫との生活を綴りたいと思います

帯状疱疹はウイルスです

2018/02/12 月曜日
20:54
すっかり疲れてしまった。これからどうしたらいいのか・・・。しばらく鳴りを潜めていたトサンの症状。今回は帯状疱疹という形で出た。今まで蕁麻疹はあったものの、これといって大きな症状はずっとなかった。だから私は保健所の人にも「表面上健康な状態が続いている」という表現をした。表面上でも二人の健康には自信があった。だから今まで強気でいられた。


何がいけなかったのか、とあまり考えないようにしよう。ひとまずトサンの熱は平熱に下がった。今日は私も安眠できるはずだ。38度の熱が続いていたら、いつ40度近くになるかと不安で眠れなかったろう。トサンの熱の上がり方は急激だから。


何がいけなかったのか、とあまり考えないほうが良い。これまで通りの生活をしたほうが良いと思う。オーバーリアクティングしないほうが良いと思う。普通に暮らして行けばそれでいいと思う。


ただ台所の暖房は入れた。私がしもやけになったり、トサンは、食事の時に寒気がした、と言っていた。あまりケチるのもね。ただし暖房温度は12度だけど。それで十分寒くない。


年配の先生に点滴をお願いして「江口先生の時は抗生物質も入れてもらったりして」と言ったら「帯状疱疹はウィルスですので、抗生物質は効きません」と教えてくださった。又一つ学んだ。点滴だと毎日しないといけないそうで、投薬になった。


夕食はハムとベーコンの卵ピザにした。トマトと長ネギも入れて。トサンはその一品で終わり。「まさか、焼酎飲まないよね。今晩は飲まないほうがいいと思うよ」と私は言った。トサンは「もう寝るわ」と早々と二階へ上がった。


明日私は内科受診。「歩いて行くのか」とトサン。「バスで行くか歩いて行くわ」と私は言ったけど『トサンは車で連れてってはくれないんだ』と思ってがっかりした。『今日私トサンのためにこんなに頑張ったのに』と私の心が言っている。明朝バタバタして何も作れないだろうからとチキンの卵スープをコンソメで作った。トサンには「食べたかったら食べればいいし、あなたが食べなかったら私が食べるわ」と言っておいた。明日の朝、普通食が食べられるかどうかトサンに聞いたのだけれど「分からない」という返答だったので。私は明日歩いて行くわ。バスは池田病院に勤めている人たちで満員だろうから。朝歩いて行くのは寒いだろうなあ・・・。